四十肩・五十肩

「四十肩・五十肩の治療について」

五十肩は、肩の関節のある部分に炎症が起きて、
急性期はひどく痛み、また、ある動作をするときに痛みが強くでる

慢性期は、痛みは落ち着いたけど、肩が後ろに回らなくなったり、
腕がきれいにあがらなくなったりと関節の動きに制限がでます。

肩関節周囲炎とよばれる疾患です。
当院での五十肩の治療について書きましたので、
じっくりお読みください。


「いつもの肩こりの痛みとちがう…」

夜に寝ていても疼いて熟睡できない
腕を上げると、ある高さで痛みが走る

肩こりとは明らかに違う痛みで、つらいですよね。
腕は生活の中でもよく使うので、家事の中でも洗濯物を干すのが
つらい、エプロンの紐が結びにくいなど、
お困りの声をよく耳にします。

「五十肩(四十肩)にはこんな治療をします」

痛みがひどく、じっとしていても疼くような急性期は、
無理に動かすと炎症がひどくなりますので、安静が大切です。


それが落ち着いてくると、じっとしていると痛みはないけれど、
ある動きをすると痛いという、慢性期に入ります。

痛みがなくなったから治ったと思っていても、実は肩の動きには
問題が残ったままの方がたくさんいらっしゃいます。

中には骨と筋肉をつなぐ腱という組織が切れてしまっている場合も
ありますので、放っておけばそのうち治るだろう…と思わずに、
一度病院での診断を受けられることをおすすめします。

当院では、慢性期に入られた方に対して、関節の動きを取り戻して
いくための施術を行います。

筋肉のつながりとして、肩は、首も腕も背中も腰も関係して
います。
身体の中でより肩の動きに悪影響を及ぼしているところを探し、
全身を調整しながら、あなたの肩の状態を改善するお手伝いをします。

このページの先頭へ