おなかのたるみ

【おなかのたるみ】

夏が近づいてきました。
この時期、だんだん着るものが薄くなって、
目立ってくるのがぽっこりしたお腹のたるみ…

ダイエットに励んでも、なんでこのお腹はなかなかへっこんでくれないの~!?

と、悩む女性は多いんでは?

かくいう、わたしもその一人であったりしますが(笑)

このページでは、悩み多き女性のお腹のお肉について、
整体師としての視点からお話してみたいと思います。

【背中を丸めて座っていると・・・】

いつも姿勢の大切さを皆さんにお伝えしていますが、
お腹も全くそれと同じ。

骨盤を後ろに傾けて、腰を丸くしてすわっていると、
自然に頭が前へ落ちて横から背中を見たときに
アルファベットのCの文字を描くように
背中がまあるくなっています。

このとき、お腹側を見てみると…

あら~、見たくない段々バラがそこにありますよね。

では、お尻をいったん浮かして、太ももの付け根で座るように
深く座り直してみましょう。

多くの方は背中を反るように伸ばして座ると思いますが、
ちょっとまって。

背中を反るとこんどは背中や腰が疲れてしまい、
長い時間その姿勢でいると逆に腰を痛めてしまいます。

このとき、自分の恥骨(前の割れ目のあたり)と
みぞおちを引き離すように縦に伸ばしてみましょう。

それだけでもたるんでいたお腹の皮フが引きのばされるのがわかりますか?

そう、おへそを縦に伸ばすように、身体の前をまっすぐにしてみてください。

さらに肛門と下腹をキュッとしめると、
これだけで筋トレしてることになるんですよね。

【正しく座るってどうやるの???】

え!腰がどうしても丸くなる、
肛門がつく座り方しかできない…

という方は、関節がガチガチに固まって、自力ではリセットできないくらいになってしまっています。

そんな方は、お腹回りの問題よりも腰痛や肩こりにも悩まされているのでは?

固まっている身体を緩めてやると、代謝も上がるので
自然にダイエットにもお腹のお肉解消にもつながります。

整体的に、健康になりながらダイエットにもつながるって、
嬉しいですよね。

気になる方は、お気軽にご相談くださいね。

これといった筋トレをしなくても、
スリムになっていく歩き方なんかもお伝えしています。

このページの先頭へ