がん治療中、経過観察中の方

 

*「がん」と診断された方へ
*過去にがんを患ったことがある方へ


当院は「がん」をお持ちの方や、
過去にがんを患ったことがある方への整体・マッサージの施術も行っています。

私自身ががん経験者で、2013年に子宮を摘出しました。
現在は術後の経過観察のみで、とくに治療をしているわけではありませんが、


マッサージ師として京都で10年以上、地域のかたの健康を維持するお手伝いをしながら、

この経験を活かして、自分の身体を守るための免疫について勉強をしています。

マッサージや整体って受けてもいいの?
って悩まれている方は一度お読みください。



【がんだけどマッサージって受けられるの?】

「がん闘病中です。」というと、
マッサージや整体を受けるのを断られた、
という経験をお持ちの方、いらっしゃいませんか?

妊娠中、産後すぐ、などとともに、
がんも施術を敬遠されることが多いのではないでしょうか?

断わる整体院や治療院側の理由はそれぞれでしょうけれど、
その中で私が思いつく施術する側の言い分としては、

・学校(資格をとるための専門の学校)では、がんの方はマッサージするのは禁忌
(マッサージしてはいけない・避けること)
と習ったから。

・もしものことがあったら責任がもてないから。

・施術する際、どういうことに注意してどのようなことをしたらいいのか
わからないから。

・専門的な知識がないから、アドバイスできない。

といった理由が思いつきます。

他にも様々あるかと思いますが。


でもがんを患っていっても、それ以前と同じように
肩が凝ったり、腰が痛くなったり、疲労感が強かったりしますよね。

また、抗がん剤の治療を受けておられる場合は、
副作用の影響で、倦怠感や吐き気や下痢や肌トラブルや・・・

いろんな症状でつらい時期もおありの方が多いと思います。


そんなとき、マッサージや整体や鍼やお灸・・・でも受けたら
少しは楽になるんじゃないの?
と思ったりすることもあるのではないでしょうか?

当院では、そんな方のために
「がん」をお持ちの方にも施術をお引き受けしています。


【がんの方にはこんな施術をしています】

マッサージや整体で、「がんが治る」という訳ではありません。

身体のコリをゆるめ、自律神経のバランスを整えて、全身調整することで、
身体をしっかり休めて、疲労回復をしやすい状態に導くことで、

あなた自身が持っている、自然治癒力、自己治癒力を高めて、
病気に負けない、副作用に負けない身体づくりのお手伝いをする。

というスタンスです。

抗がん剤でがんと闘っておられる方の中には、
病院での治療と併用して、
漢方や鍼、整体やマッサージを受けて、
身体が薬の副作用で消耗してしまうのを防ぐ、

なんとか体力を持たせて、病気と闘う力を維持、バックアップ
しておられる方がいらっしゃいます。

病院での治療や検査、観察は必要です。

主治医の先生との信頼関係ももちろん大きな力となります。

でも、病院での治療にすべてお任せしてしまうのではなく、
あなた自身が病いに向き合い、自分の身体とつき合って回復していくために、
ぜひ上手に整体やマッサージも利用してみてください。


【こんな方はお受けできません。】

・痛みがあまりにも強い方
・出血がある方
・熱がある方
・体力の消耗が激しく、食事がとれていない、お風呂にも入れないような状態の方
・肌が弱くなり、内出血しやすくなっている方
(血小板の数値が低い方)
・食事がとれず体力の消耗が激しい方


心配な方は主治医の先生にご相談のうえ、
許可(特別は書類などは必要ありません)をもらってからお電話ください。


当院は、
がん専門のクリニックで40年以上免疫リンパ球療法を中心にがんの研究、治療をしておられる
田町アイシークリニックさん(東京港区)
とも提携していますので、
紹介させていただくことも可能です。

今かかっている病院と平行して他に何かできることはないか?
とお考えの方もお気軽にご相談くださいね。

このページの先頭へ