大阪市北区・都島区で整体・鍼灸といえば 【治療院すずらん】

 治療院すずらん河野先生

今日は大阪市北区天神橋で活躍されている先生を紹介したいと思います。

【はり灸整体治療院すずらん】の院長、

河野哲律(こうの てつのり)先生です♪


河野先生とは、数年前、全国でご活躍の治療家の先生方が集まる学会で知り合いました。


その後もご縁があり、
私が力を入れている免疫学の勉強会でともに学んだり、

今では毎月一緒に研鑽を重ねる仲間になって、
昨年は、全国から100名以上の先生方が集まる会に参加するため、
東京までご一緒したりもしました!

河野先生と

 

河野先生の治療にかける勉強熱心さと
患者さんへの思いやりにはとても共感を覚えますし、
若い方なだけにこれからのご活躍もとても楽しみな先生です。

 

私も先日ちょっとがんばりすぎた日が続いて、
体調を崩しかけていたときに助けてもらいました。

 

私は「おけいはん」なので、
京阪北浜駅から、難波橋を渡って、
HPのアクセスを見ながら徒歩5分くらいで到着!

 

マンションの10階に治療院があります。
1階の階段に目印の黒板が置いてありました。

治療院すずらん老松コープ

 

扉を開けると清潔感があって、
かわいい飾りがあちこちに飾ってあり、
とても男性の先生お一人でされてるとは、
感じられません。

 

ご自身もかわいいお子さんの子育て真っ最中なので、
院内には 授乳室とおむつ替え室もあるという配慮っぷり。
キッズルームもあります♪
バウンサーつき♪すごいっ♪

 

すずらんキッズスペース

マタニティの方や産後のママさんからも頼りにされているというのも納得!!

治療ベッドは個室タイプで、ふた部屋あります。


森と海をそれぞれイメージされたという落ち着く治療室です。

治療院すずらん 20151103


全身をイタ気持いいくらいの強さで、
ゆっくりじっくりゆるめてくださって、
場所によっては気持ちよくのびるストレッチも入ります。


そのあと、ベッドの端に腰かけて、
足の整体をしていただきました。


足って、全身のバランスを左右する大切なパーツなんですよね。
河野先生は、外反母趾や扁平足、膝の痛みなんかも
足のバランスをみて、
整えてくださいます。

 

この日はうちの小学生の娘も連れていってたので、
気になっていた足裏のウオノメと、足の形をみてもらいました。

子どもでもやさしく相手をしてくださるので、
安心しておまかせでした♪

 

鍼やお灸もされますし、
柔道整復師の資格もお持ちなので
テーピングも上手!

 

以前、河野先生が治療家の先生方に向けて開催された

「外反母趾教室」でモデルとなり、
外反母趾予備軍のわたしの足にテーピングをしていただいたんですが、
そのあとの足の歩きやすいこと!!

 

土踏まずもしっかり使えて、楽に足を運べたのが
とても印象に残っています。



足のトラブルを抱えた方には迷わずおススメしますし、
もちろん身体の悩みも、ちゃんと応えてくださる先生です♪


アクセスも 大阪天満宮駅・南森町駅・北浜駅より徒歩約6分といいですし
大阪市北区、都島区にお住まいやお勤めの方に自信を持っておススメできる治療院です。

 

私もまた助けてもらいにいこ~っと♪
河野先生、そのときはよろしくお願いいたします!!

 

先生の治療院はこちら

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓


==============================
大阪市北区・都島区で整体、マッサージ、鍼灸といえば
【治療院すずらん】

営業時間  平日 9:00~18:00 (月曜日 休診)
土曜 9:00~15:00
日祝 9:00~12:00

定休日 月曜日


電話 0120-070-614

(フリーダイヤル・携帯からも可)


住所  大阪府大阪市北区西天満3-1-25-1007老松コープ

==============================

その他、つながりのある先生が全国にいらっしゃいますので
引越し、里帰り、で治療院を探している、
ご家族、ご友人、などなどへ紹介したい方がいるので、
この地域にいい先生いませんか?

というお問い合わせもお気軽にどうぞ♪



 ******************************

女性治療家による女性のための整体・マッサージ

【京都市伏見区の整体・マッサージ】治療院じゅいん

京都市伏見区深草飯食町840 セントラルプラザ503号
<<<京阪藤森駅から徒歩3分>>>

TEL:075-634-8345

「ホームページをみて・・・」とお電話ください。
質問・ご相談もお気軽にどうぞ。

******************************

コメントを残す

このページの先頭へ