【行ってきました!京都芸術花火2018】

京都芸術花火2018

2018年5月30日(水)京都市伏見区にある京都競馬場で開催された
京都芸術花火2018へ行ってきました!!!

来年も開催されるようなので、参考までに簡単にレポをまとめておきたいと思います♪

京都競馬場と言えば、京阪淀駅直通。
自宅のある八幡市からは京阪で一駅。

木津川の堤防に上がるか、なんなら近所の道路から見上げても
見えるっちゃ見えるんですが、
せっかくならボンボン上がる大きな花火を間近で観たい!!観せてあげたい!!
感じたい!!!


3月31日(土)から一般販売が開始されていたようで
私はたまたま4月頭に京阪四条ででっかいポスターを見かけて釘付けに!!
有料ってことはこれ、絶対スゴイよっ!!!

と鼻息荒く家族を口説き、

行ってきました♪家族そろって自転車で(笑)

17時開場で、花火は19時45分開演だったんですが
場所取りと腹ごしらえとでお弁当やおやつ、ビールなどを持参して
自宅から自転車で25分ほど走り、18時前に到着。

京阪淀駅前の駐輪場は有料ですが
京都競馬場の駐輪場は無料なので、そちらへ駐輪。


スタンド席(全席指定7,560円)と
コース前エリア(ゾーン指定・クッション付き大人3,780円小学生540円)
とあったんですが、ゾーン席を購入していたので
赤・青・黄・緑・紫・茶と色分けされている各ゾーンの
青1ゾーンへレジャーシートを引き、場所を確保。

雨がまだちらちら残る夕方。肌寒くて上着を持ってきて正解でした。

会場でもらったクッションは、ストローで膨らませるシート。
子ども用の座布団くらいの大きさで
見た目はちゃちいけど、ちゃんと弾力もあり、
空気の層が地面の冷たさを遮断してくれて
意外とお尻があったかかったです。

フードエリアは長蛇の列ができていて、我々が到着したころには
半分以上のお店が売り切れで販売終了していました。
食べ物飲み物は持ち込みOKなので、
持ってきておく方が確実です。
駅前にはコンビニもスーパーもありますしね。


スタンド席は1カ月前には完売していたそうな。
2万4千人が会場へ来ているとのアナウンスがありました。

トイレは女子トイレが長蛇の列!!
始まる前のほうがまだましでしたが、
花火が終わってからはエライこと並んでいました。
広い通路をはさんで向かいにある男性用トイレでは
個室が女子トイレとして張り紙がしてあり、
そちらに並んだほうが早く入れた様子。

京都芸術花火2018

花火の前のイベントには、TRFのリーダーDJ KOOさんが
懐かしのディスコ曲を回して会場を温めておられました♪

暗くなるころには雨もすっかり上がって、後半には明々と月も花火を眺めていました♪

この京都芸術花火の特徴は音楽と花火をシンクロさせている豪華な演出
とのことでしたが、
もうほんとにスゴイ!!!

花火も全国から伝統ある花火会社さんが自慢の花火をひっさげ
淀の競馬場の横にひろーーーーいコースをめいっぱい使って
視界に納まりきらないくらい豪華絢爛に打ち上げておられました!

芸術花火シリーズとは、パンフによると
「国内最高峰の内閣総理大臣賞受賞花火師達の芸術玉を中心に組み合わせて構成され、
音楽のリズムや曲調にシンクロするよう綿密にプログラムされた音楽花火。
その他会場のロケーション、地域性を取り入れた大胆な演出を得意とし、
高度な技術によって従来の花火大会を芸術の域に押し上げたもの」

とのこと。

花火ってめっちゃ進化してるって実感しました。
色もパステルカラーやグラデーションが華やかで
大空いっぱいに打ち上げられ、
花火の上がる大音量が身体に響いて、目と耳とからだ全体で感じるその迫力に圧倒されていました。

音楽は一青窈のハナミズキや、RADWINPSの前前前世、
ビヨンセのHello、ビートルズのHey jude、ベートーベン交響曲第9番などが使われ、
音楽のリズムや曲調に合わせて打ちあがる花火の数々。

滞空時間や残像光まで計算に入れて
1/30秒単位でコントロールされて演出されているんですって!!

若いころは花火が大好きで、夏はいっつも花火大会と仕事のシフトをにらめっこしていましたが、
いつの頃からか人込みに出るのが億劫になってあまり出かけて行かなくなってました。


花火の会場は押し合うことも立ち尽くすこともなく、
大空いっぱいに広がる花火をしっかり観覧♪

京都芸術花火2018-2

花火に見とれてあまり写真がとれませんでしたが、
会場では、歓声と拍手で常ににぎわっていました。

横を見ると一緒に来た娘も大喜びで、
花火に釘付けになりながら自然と拍手している姿に私も大満足。

花火を有料で観るなんてもったいない、と言っていた両親も喜んでくれていて、
「これは来た価値あったわーーーー!!」
と会場まで足を運んだ甲斐がありました♪

帰りこそ駅に人が入りきらず、退場制限、駅構内への入場制限があり
駅近辺は大混雑でしたが、我々家族は自転車置き場へGO!

淀駅って京阪の中でも隣の駅が遠くて、
歩くと中書島にしろ八幡市にしろ1時間くらいかかる。
なので自転車圏内っていうのはとってもありがたいです。

以前、藤森から八幡市まで電動自転車で帰ったことがありますが
1時間かかったな。
藤森からでも自転車で40分ほど走れば行けるってことですね。
え?やっぱり遠い?

普段片道30分かけて藤森~山科(椥辻)を移動している私は
がっつり圏内ですけどねー(笑)

それはさておき、
花火もりっぱなエンターティメント。
これだけ楽しませてもらえるなら、また来年も行こうと思います♪

ホントは今年の開催が決まっている札幌も名古屋も追いかけていきたい!!

・モエレ沼芸術花火2018(札幌)9月8日
・名港水上芸術花火2018(名古屋)10月開催予定
・海の中道芸術花火2019(福岡)
・京都芸術花火2019(予定)

とのこと。

知ってたけど見送っちゃった方、今回はいけなかった方にも
ぜひ感動を味わってもらいたい花火大会でした♪


******************************

女性治療家による女性のための整体・マッサージ

【京都市伏見区の整体・マッサージ】治療院じゅいん

京都市伏見区深草飯食町840 セントラルプラザ503号
<<<京阪藤森駅から徒歩3分>>>

TEL:075-634-8345

「ホームページをみて・・・」とお電話ください。
質問・ご相談もお気軽にどうぞ。

LINEからもメッセージ受付中!

友だち追加ボタン ↓

友だち追加

治療院じゅいんLINE@QRコード
   ↓   ↓   ↓

******************************

 

“【行ってきました!京都芸術花火2018】” への2件のフィードバック

  1. たかはしふみこ より:

    なんと!会場に行ってたんですか!?
    いいですね~!!
    私は実家のベランダからみてましたが、
    次はぜひぜひ、会場で観たいです!!ヽ(^o^)丿

    • 2gpg029 より:

      ふみこさん、大奮発して家族で行ってました♪
      その価値ありましたよ!!

      ご自宅から見えるのもとってもうらやましいですが、
      来年もやるみたいなので、
      次回はぜひ現地で体験してくださいねー♪

コメントを残す

このページの先頭へ